DSさらさら コレステロール 下げる

中高年からの生活習慣病の見直しにEPAが役立つ

生活習慣病の見直し時期は?

女性は50代から、男性は40代から

コレステロールに注意 | 中高年の生活習慣病の見直し

コレステロールを注意する年齢は

 

 

生活習慣病に関係すると言われるコレステロールは年齢とともに、数値が高い人の割合が増えます。

 

男性では40代、女性ではグラフのように50代以上で急に高くなる人の割合が増えます。
生活習慣を見直す時期が来ているのではないでしょうか?

 

善玉コレステロールを増やすカギは食生活の改善と運動の継続

 

トマト近年の研究では、トマトに豊富に含まれているリコピン(赤色の色素)に善玉のHDLコレステロールを増やす働きがあることが確認されており、ビタミンEの100倍以上とされる抗酸化作用とともに注目されています。

 

外食が多い方は、ビタミンやミネラルも一緒に摂取できるトマトジュースでリコピンを補ってあげるのもよいでしょう。

> 食生活の改善は

 

 

有酸素運動 ウォーキング運動では、ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳など、酸素を取り込みながらゆっくりとエネルギーを消費する「有酸素運動」を継続的に行います。

 

悪玉のLDLコレステロールや中性脂肪を減らし、善玉のHDLコレステロールを増やす効果が期待できます。

 

 

有酸素運動は、毎日30分程度、あるいは最低週3回、合計180分ほど行わないと効果が期待できないとされているので、継続をこころがけるようにしましょう。

 

DSさらさらの公式サイトはこちら

 

 

トップページに戻る