DSさらさらで一日のEPAの摂取量を摂れます

EPAは人間の体内では作ることのできないので摂取が必要

EPAは人間の体内では作ることのできない栄養素ですが、
必須脂肪酸の一つなので食べ物から摂取する必要があります。

 

 

青魚 お造りまた、青魚でサバ、イワシはよく知られていますが、実は、アジ、サンマ、マグロ、カツオ、ハマチも青魚に含まれていて、背びれの青い魚が青魚に分類されています。

 

ただし、EPAは熱に弱いという特性があるため、もし魚を食べる事によって摂取したい場合は、できるだけ生で食べる様にしましょう。

 

 

 

生の魚だけでは、厚生労働省が推奨する1日当たり1,000mg以上のEPA,DHAを摂取することが難しいので、DSさらさらなどのサプリメントで摂ることをおススメします。

 

 

動脈硬化に効果を発揮しているDSさらさらですが、
開発者は、TVで人気! 「主治医が見つかる診療所」で生活習慣病の第一人者岡部医師です。

 

このような生活習慣の方は注意!

EPAは青魚に豊富 | DSさらさらで1日の摂取量を確保
毎年の健康診断が心配

 

ついついコンビニ食で済ましてしまう

 

運動不足が続いている

 

間食でお菓子を食べ過ぎてしまう

 

電子レンジでチンしてしまう

 

野菜をあまり食べない 

 

ハム・ソーセージ・揚げ物が好き

 

マーガリン・マヨネーズをよく食べる

 

 

 

ドロドロの血液にも、いろいろなタイプがあります。

A.食べすぎや飲みすぎなどが原因で、血液中の糖質や脂質が増えている場合

 

B.なんらかの理由で血液の成分(とくに赤血球)が変形して、うまく流れない場合

 

C.傷ついた血管の修復のため、血小板が集まって流れが停滞する場合

 

 

怖い動脈硬化から逃れるには、青魚に含まれるEPAを摂取して血栓を防ぐのが大切なのですが、
残念ながら食事だけで摂るのは難しいのです。

 

 

厚生労働省のEPA・DHAの1日目標摂取量は何と1,000r!

 

青魚 EPAそれは
イワシ中サイズを2尾
アジ中サイズを7.5尾の量 

 

これを毎日なんて、とても無理ですよね。

 

なので、「DSさらさら」の1日分を摂取すれば、厚生労働省の目標摂取量を摂れてしまうんです。

 

 

これだけで血液さらさらになるのであれば、実践しないのは考えられないでしょう。

 

 

 

「DSさらさら」の1日分を摂取DSさらさらの開発者は、「おもいッきりテレビ」、「世界一受けたい授業」、「主治医が見つかる診療所」などの情報番組に多数出演し、テレビで初めて「メタボリックシンドローム」を取り上げた医師である岡部正医師は、糖尿病や肥満のスペシャリスト!

 

糖尿病や肥満の専門医である岡部正医師が自信を持って監修したEPAサプリメントが、「DSさらさら」なので安心です。

 

DSさらさらの公式サイトが最安値

 

 

トップページに戻る