DSさらさら 皮下脂肪型肥満 改善

皮下脂肪型肥満とは?

皮下脂肪型肥満
皮下脂肪型は腹全体ではなく、へそより下の部分が洋ナシのように、どっしりとしているのが特徴。

 

下腹部や、尻、腰、太ももなどの皮下に、脂肪が蓄積されてしまう。

 

これが皮下脂肪だ。

 

体の表面に近い場所に脂肪がついているので、増えると腹部が柔らかくなる。

 

 

こちらは、内臓脂肪型とは違い、女性に多い。
皮下脂肪は外部からの刺激を緩和する、緩衝材の役割を果たすとされています。

 

 

衝撃だけでなく、低温にさらされても、体内の温度が下がらないように働いてくれる。

 

女性には子宮があり、これを守るために皮下脂肪がつきやすいと考えられているそうだ。

 

この脂肪の増加を促すのは女性ホルモンのエストラゲン。
そして、皮下脂肪は定期預金に例えられるそうだ。

 

門脈のような流通経路がないために、ゆっくりと増える代わりに、なかなか分解して使用することができないのだそうだ。

 

だから、皮下脂肪はじっくり3か月で落とす!