動脈硬化 改善 心筋梗塞

心筋梗塞の原因は動脈硬化

死亡率3割の心筋梗塞

心筋梗塞の原因

冠状動脈の血管が細くなって血流量が少なくなる状態を狭心症といいますが、血管が詰まってしまってそこから先にほとんど血液が送られなくなって心筋が壊死してしまうのが心筋梗塞です。

 

50歳以降の中高年男性に多く、死亡率3割といわれている大変危険な病気です。

 

 

心筋梗塞の原因の多くは心臓の大動脈から枝分かれして、心臓を取り巻いて新鮮な血液を心臓の組織に送っている冠状動脈の動脈硬化によるものです。

 

動脈硬化の部分が破れて、血栓という血のかたまりが付着したりして血管閉塞の原因となります。

 

 

また、冠状動脈が収縮して血管内径が閉塞し、それが長く続くと心筋梗塞の原因となります。
さらに、喫煙、高血圧症、高脂血症、糖尿病あるいは肥満などが危険因子となります。

 

 

何の前触れも無く突然発病することもありますが、半数は数日あるいは数週間前から、発病の前兆として狭心症の発作を経験します。

 

 

 

大丈夫ですか? 血中中性脂肪が高くなってしまう原因は?

今や高齢者だけではなく、40代の4人に1人が中性脂肪が高いと言われています。

 

なぜ中性脂肪値は高くなってしまうのでしょうか?

 

「食べ過ぎ」 「飲みすぎ」 「脂っこいものが大好き」 「生活が不規則」 などなど・・・

 

日常生活の中で、中年になるこのような生活習慣があるのではないでしょうか。

 

このようなことで、中性脂肪が高いままにほっておくと動脈硬化になり大変な病気が発症します。

 

 

動脈硬化対策としては、中性脂肪を下げることが改善につながるのです。

 

 

青魚に含まれる「EPA」」「DHA」という成分をご存じだと思います。
「EPA」「DHA」はイワシやサバなどの青魚に多く含まれるサラサラ成分で、血中の中性脂肪を低下させる作用があります。

 

また、「EPA」は摂取することで血中の中性脂肪を低下させるという研究結果も出ていることから積極的に摂りたい成分です。
しかし「EPA」は体内で作ることができない成分のため、食事から摂る必要があるのです。

 

 

 

厚生労働省のEPA・DHAの1日目標摂取量は何と1,000r!

 

青魚 EPAそれは
イワシ中サイズを2尾
アジ中サイズを7.5尾の量 

 

これを毎日食べるなんて、とても無理ですよね。

 

なので、「DSさらさら」の1日分を摂取すれば、厚生労働省の目標摂取量を摂れてしまうんです。

 

 

これだけで血液さらさらになるのであれば、実践しないのは考えられないでしょう。

 

DSさらさらのサプリメントはこちら