青魚 アニサキス 怖い

アニサキスで食中毒を起こさないためには?

 

青魚にアニサキスの恐怖!日本人は魚を生食する習慣があるため、アニサキスは青魚だけではなく、ほとんどの魚にいてるといわれています。

 

最近の報道でご存じだと思いますが、このアニサキスを間違って口にしてしまうと大変です!

 

痛さで、のたうちまわる羽目になり、今ではアニサキス症の発生数は拡大の一途です。

 

しかも魚が新鮮であればあるほど生食率が増え、危険度が増すことになるのが怖いことです。

 

 

健康寿命を延ばしたいので魚に含まれるEPAを摂取したいのですが、怖くて食べれないです。

 

養殖魚には含まれていないようですが、美味しい天然魚に生息していますので、困ったものです。

 

鮮度が良くてもアニサキスはいますので、刺身で食べるときは?

 

 

青魚にアニサキスの恐怖!お寿司や刺身など生で食べるとき
しっかりと目でチェックする

 

よーく見ると、渦巻き状の白い針金のようなものがいます。

 

青魚にアニサキスの恐怖!それがアニサキスですので、見つけたら取り除きましょう。

 

食べるときに口の中で、よく噛むことで細かくなるとアニサキスは死滅します。
(ちょっと気持ち悪いですが・・・)

 

 

 

しかしアニサキスの体は弾力もあり強度もあり、包丁の刃をかいくぐってしまうこともあるぐらいなので、よく噛むといっても限度があるので注意が必要です!

 

 

また、噛んでアニキサスを殺す? のも少し気持ちが良いものではありませんよね。

 

私の場合は、スルメイカを自宅で刺身に調理してほとんど家族で食べ終わった頃に、お皿に「何か動いている?」と気づきました。

 

遅かったのですが、家族誰もお腹は痛くならなかったです。

 

 

 

一番安全なのは・・・
生食の場合は、一度、冷凍することで鮮度は落ちますが、アニサキスは死滅します。

 

怖さを考えたらこれでも良いですね。

 

 

 

アニサキスは加熱に弱いことが分かっており、加熱調理が一番最適です。

 

しかし必ず60℃以上数分の加熱が必要で、70℃以上なら瞬間的に死滅できます。

 

調理としては、冷凍魚や加熱して調理すると死滅しますので、安全を確かめて調理法で魚を美味しく食べたいものです。

 

 

魚を購入してアニサキスで腹痛?

丸魚を自分で刺身にしてあたった場合は、自己責任です。
刺身をお店で買ってきてあたった場合は、お店側の不備で治療費を補償してくれることがほとんどです。

 

日本人の大好きな生魚には「寄生虫は当たり前」と思って、調理法などを考えて美味しく食べましょう。

 

 

中高年から青魚に含まれるEPA濃度が落ちると中性脂肪が溜まりやすいので、EPAの摂取を考えるならサプリメントがあります。

 

DSさらさらは青魚のEPAが豊富!