動脈硬化対策には塩分の摂りすぎに注意

動脈硬化対策 塩分取りすぎを改善

塩分摂り過ぎ動脈硬化は昔から高血圧が原因とされていましたが、塩分を取りすぎた時の症状によって進行するケースもあります。

 

日頃から漬物やお茶漬けを食べて塩分を取りすぎている人は、血中濃度が異常に濃くなるため、それを薄めるため水や食べ物で補いたいので症状が出てきます。

 

 

また、日頃から卵かけご飯や納豆などの食べ物に醤油を掛けて、塩分取っていますが、その状態が続くと高血圧になる事があるので、注意が必要です。

 

 

そのため、塩分排出に有効な野菜や食べ物を摂取する事が大切です。

 

 

動脈硬化対策に効果 | 塩分取りすぎを改善する野菜の中でも玉ねぎがおすすめで、塩分排出を考えている人のほとんどが、高血圧や糖尿病の発症を心配している方が多く、玉ねぎは硫化アリルを含んでいます。

 

玉ねぎの塩分排出効果は高くありませんが、血流を良くする作用があります。

 

動脈硬化の症状とは喉の渇きと胃液の分泌による食欲の増進です。

 

 

塩分を取りすぎたら水や食べ物を必要以上摂取して、水が過度に増える事で血液量が増えて血管内で溜まりきる事となり、血流が悪くなります。

 

この時むくみの症状が出やすく、動脈硬化が進行している前兆ともいえます。

 

 

塩分の取りすぎで高血圧の状態が長期間続くと、血管の壁が効力を失い硬化した状態となり、血圧を調整する細動脈も硬化していしまいます。

 

この状態は血管内が傷付きやすいため、コレステロールの影響を受けがちです。

 

コレステロールの作用で血管が動脈硬化するため、塩分の取りすぎによる症状は直接的な原因ではありませんが、大きな問題とも言えるでしょう。

 

ちなみにむくみが出る症状は過度に水分が体内に溜まったからです。

 

塩分の取りすぎは動脈硬化に繋がる高血圧の原因となり、水分が体に溜まった状態のため、基礎代謝が落ちて体質も太りやすいので注意が必要です。

 

動脈硬化が進行すると脳梗塞や心筋梗塞になるので、予防が大切です。