DSさらさら 動脈硬化 中高年

年齢を重ねると、動脈硬化や糖尿病、高血圧、高脂血症… 気になりませんか?

DSアディポ
テレビで初めて”メタボリックシンドローム”を取り上げた先生が監修した長寿ホルモン成分サプリ「アディポネクチン」は、中高年からの健康を考えております。

 

年を重ねると、いろんな生活習慣病が気になってきますよね。

 

 

 

嬉しいお声をいただいている「DSアディポ」ですが、その「DSアディポ」が増加を促すホルモン、「アディポネクチン」とはどのようなホルモンなのでしょうか?

 

アディポネクチンとは?

●脂肪細胞から分泌される善玉コレステロール、ホルモン物質であり成分ではない。

 

●1996年に大阪大学で発見された。 「ジャパニーズホルモン」と呼ぶ医師もいる。

 

●アディポネクチンを働かせるには、ある程度の脂肪は必要だが、脂肪が肥大しすぎるとかえって分泌量は減る。

 

●別名「長寿ホルモン」や「超善玉ホルモン」と呼ばれ、様々な効果が期待されている。

 

 

<主な効果>

【1】動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞を予防、改善

・傷ついた血管の修復や拡張し、血液の流れを良くする働きがある。
・動脈硬化が引き金となって起こる心筋梗塞や脳梗塞の予防にも有効。

 

 

【2】大腸がん・乳がん予防

・がん患者に共通している要素として、血液中のアディポネクチン濃度が低いという結果が出ている。

 

⇒低アディポネクチンの人は、一般的に大腸がんや乳がん、子宮がん、前立腺がん、胃がんのリスクが高まると言われている。

 

 

・東京大学医学部腫瘍外科の実験によると、ヒトの胃がん細胞をマウスに移植し、がんを発症させた状態のまま、アディポネクチンを投与したところ、最大で90%もがんが減ったという結果も出ている。

 

 ⇒アディポネクチンを応用したがん治療開発が積極的になっている。

 

 

【3】糖尿病を予防

 ・アディポネクチンには血糖値を下げ、インスリンの効きを良くする作用がある。

 

 ⇒糖質の代謝を活性化。慢性的に増えてしまった血糖値を正常に戻す。

 

 

【4】脂肪の代謝を促進して中性脂肪を下げる。

・アディポネクチンには、運動と同様にAMPキナーゼを活性化する作用があることが報告されている。

 

 ⇒骨格筋でのブドウ糖の取り込みや脂肪酸の燃焼が促進される。

 

 

・ハーバード大学の研究グループが行った、肥満度別の血中アディポネクチン値テストによると、BMIが高い(肥満体系)の人ほどアディポネクチンの値が低いと判明。

 

 ⇒メタボリックシンドロームの予防・改善。

 

 

【5】高血圧を防ぐ働き

・血管が拡がる作用や血圧が上がる原因となる過剰なナトリウム(塩分)を排出させる働きにより、血流が良くなり、血圧を正常化させます。

 

 

 

<DSアディポ効果>
岡部クリニックのデータでは、アディポネクチンの低い人に「DSアディポ」を1ヵ月試していただいたところ、全員の値が1.2倍〜2倍に上昇するなど増加傾向が見られました。

 

 

・今までに2,000人を超える患者さんのアディポネクチンを測定、糖尿病や肥満の専門医としてテレビの健康番組などでも活躍している、岡部正医師が開発の監修をした、お墨付きのサプリメントです。

 

 

・10,000以上の科学論文の中から、アディポネクチンを増やす確かな成分を3つ(亜麻仁油、大豆抽出物、シークワサーエキス)選び出し開発しています。

 

 

DSアディポ 最安値

 

「主治医が見つかる診療所」の医師推薦の長寿ホルモン成分サプリ【アディポネクチン】