DSさらさら 動脈硬化対策

善玉コレステロールと悪玉コレステロール

コレステロールのLH比ってご存知ですか?

 

コレステロールは細胞膜やホルモンの原料となる大切なものです。

 

肝臓で作られるコレステロールはLDLという乗り物で全身に運ばれます。

 

余分なコレステロールはHDLという乗り物で回収され、肝臓に戻ります。食べ過ぎなどでLDLコレステロールが多過ぎると、血管壁に溜まって、やがて動脈硬化の原因になります。

 

コレステロールはLDL(悪玉)とHDL(善玉)のバランスが大事なのです。
(岡部クリニック 岡部正)

 

コレステロールLH比

 

値が・・・
1.5以下:理想的
2.0以上:動脈硬化が始まる
2.5以上:動脈硬化が進行する

 

 

HDLコレステロールは、血管内壁にへばりついて動脈硬化を引き起こすコレステロールを引き抜いて、肝臓まで運ぶ働きをしています。
このことから「善玉コレステロール」と呼ばれています。

 

一方、LDLコレステロールは、細胞内に取り込まれなかった余剰なコレステロールを血管内に放置し、動脈硬化を引き起こす原因となるため、「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

 

 

コレステロール自体は悪いものだというような認識がありましたが、最近の考え方では善玉と悪玉の二つのコレステロールのバランスが大事なようです。

 

 

 

 

トップページに戻る