中性脂肪を下げるには食生活の改善も大切です

中性脂肪を下げるのに何を食べたら良いのか?

中性脂肪を下げるには食生活の改善が大切

動物性脂肪が多い食品(牛や豚の脂身、ベーコン、ハム、ソーセージ、チーズ、バター、生クリームなど)や糖質(炭水化物)を摂り過ぎないことが大切です。

 

 

青魚 お造り中性脂肪を下げるために積極的に食べたいのが、アジ、イワシ、サバ、サンマ、マグロなどの青魚です。

 

これら青魚の油には、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)と呼ばれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。

 

このEPAとDHAには、肝臓での中性脂肪の合成を抑えて、血中の中性脂肪を減らす作用があります。

 

 

そのうえ、血液を固める働きのある血小板が凝集するのを防ぐため、心筋梗塞や脳梗塞の引き金となる血栓ができるのを予防してくれます。

 

 

EPAとDHAには酸化しやすいという欠点があるため、魚を選ぶ際には鮮度がいいものを選びましょう。

 

また魚の頭の部分に多く含まれているので、切り身よりも尾頭つきの方が効率よく摂取できます。

 

 

中性脂肪を下げる身近なおすすめ食材として

豆腐、にんにく、タマネギ、雑穀ごはん、アーモンド、黒酢、青汁、烏龍茶など

 

サバなどの焼き魚
サバなどの焼き魚はカロリーを気にして避ける人が多いですが、実は、魚油には中性脂肪を下げる効果があることが明らかになっています。

 

魚油は魚肉に含まれているので、魚油を摂取したいのなら、魚をメインにしたおかずを食べるのがおすすめです。

 

 

 

蕎麦 ルチン
蕎麦には、ポリフェノールの一種である「ルチン」が多く含まれています。

 

もしあなたが中性脂肪の値を気にしているのなら、おすすめは日本の代表的な料理でもある「そば」です。

 

 

 

ヨーグルトは、善玉菌
ヨーグルトは、善玉菌を多く含む食品です。

 

ヨーグルトには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が豊富に含まれており、腸内環境を改善する効果があります。

 

 

 

 

 

注意が必要となるのは、清涼飲料(スポーツドリンクも含む)や炭酸飲料、ジュース類は500mlのペットボトル1本に砂糖が20〜50gも入っていますので、これらを飲む機会が増える夏場は気をつけましょう。

 

動脈硬化の改善に、青魚に含まれるEPAのさらさら成分を凝縮している「DSさらさら」が特効薬として評判です。

 

青魚のEPAを濃縮したサプリメント


 

 

トップページに戻る