DSさらさら 岡部医師 開発

DSさらさらを開発した岡部医師は「主治医が見つかる診療所」に出演

開発者は今や万人が認知しているメタボリックシンドロームの生活習慣病の第一人者

「DSさらさら」 を開発生活習慣病の第一人者 岡部正医師著書の「かくれ肥満」という造語が流行語にもなった岡部正医師です。

 

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」にて出演されています。

 

生活習慣病のエキスパートが、中高年のための生活習慣サポートサプリを研究、開発しました。

 

そんな岡部正医師がEPAを食品中だけで摂るには限界を感じ、 EPAを中心にしたサプリメントを開発したのです。

 

 

 

厚生労働省が推奨する一日あたりのEPA・DHAの目標摂取量1,000rをクリア。しかも日本近海で採れた青魚だけを素材にしているので安心して飲むことができます!

 

 

 

「現代の医学で認められた高品質な成分を高濃度に補う自分自身で飲みたいと思うサプリメントを作りたかった。」

 

DSさらさらの商品開発には、亀田総合病院副院長を経て、東京・銀座に肥満・メタボ外来で糖尿病専門の岡部クリニックを設立した岡部正(おかべただし)先生が監修しております。

 

体脂肪を減らす減量法を定着させたり、“かくれ肥満”という造語が流行語となったり、また、テレビで初めて“メタボリックシンドローム”を取り上げ、警鐘を鳴らすなどの活動で知られています。

 

 

【岡部先生のプロフィール】

1953年東京生まれ。
1978年慶應義塾大学医学部卒業。
カナダ、カルガリー大学留学。医学博士。

 

亀田総合病院副院長を経て、東京・銀座に岡部クリニックを設立。2007年には「奇跡のホルモンアディポネクチン」(講談社)を著し、メディアを通してアディポネクチンを広く啓蒙。

 

日本病態栄養学会評議員、日本糖尿病学会認定専門医・指導医、日本肥満学会会員。

 

【テレビ出演】

「おもいッきりテレビ」
「寿命をのばすワザ百科」
「世界一受けたい授業」(日本テレビ系)、
「ザ・怪傑ドクター」(TBS系) 、
「主治医が見つかる診療所」
「解決スイッチ」(テレ東系)
「垣花正あなたとハッピー」
(ニッポン放送)など出演

 

 

血液ドロドロと言えば、岡部正が開発監修したEPAサプリ、厚生労働省推奨の1日当たり1,000rを超える1,041mgのEPAを入れている『DSさらさら』

 

DSさらさらを開発した岡部医師は本物

 

 

 

さらに、大豆食品を食べる変わりになるのが、岡部正が開発監修したアディポネクチンサプリ、大豆たんぱくがしっかりと摂れる量をいれている『DSアディポ』

 

DSさらさらを開発した岡部医師は本物

 

 

テレビで初めて”メタボリックシンドローム”を取り上げた先生が監修したサプリ


 

 

「かくれ肥満」に目覚めよ―“脂肪率”の減らし方 (SEISHUN SUPPER BOOKS)

中古価格
¥1から
(2017/4/11 22:51時点)

 

 

 

トップページに戻る