動脈硬化を改善できるDSさらさらを最安値で購入

怖い動脈硬化を改善する方法とは

中高年になると動脈が固くなり、血管の弾力性が失われるために血液をうまく送りだせず、心臓に負担をかけてしまうことになります。

 

また、動脈が固くなると血管の内側がもろくなって血管が狭くなってしまったり、詰まってしまい血管を詰まらせてしまう可能性があります。

動脈硬化とは文字通りの意味を差し、動脈が固くなると
↓ ↓
“心臓に大きな負担がかかる” 
“臓器・組織が正しく機能しなくなる” 

“臓器、組織が壊死する”
“血管が壊れやすくなる” 
といった事が起こります。

 

 

EPA濃度が落ちると中性脂肪が溜まりやすい

中性脂肪が溜まりやすい夜のお付き合いが多い男性はもちろんのこと、最近は女性も気を付けたいのが「中性脂肪」です。

 

飲食の量が変わらなくても、加齢で基礎代謝が落ちると、中性脂肪は溜まりやすくなります。

 

自覚もないまま、ある日健康診断の結果でショックを受けることに・・・・?

 

その結果、動脈硬化、高血圧になり、進行すると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことになりますので怖いですね。

 

これらはすべて「EPA」が不足しているのが原因で、健康寿命を延ばしたいならEPAを摂取しましょう。

 

 

中高年の中性脂肪対策としては、魚中心・野菜を多めの食生活に改善し、ウォーキングや水泳などの有酸素運動を行うことです。

 

特に青魚に含まれているEPAは大切です。

一般的に中性脂肪値を下げる3つの方法

 中性脂肪値1.食生活を改善する
まず肥満で、中性脂肪値を上昇させてしまった大きな原因が食生活です。

 

暴飲暴食や油分、糖質の摂りすぎも原因となりますが、一番はアルコールの摂りすぎです。野菜中心のバランスのとれた食事? なかなか難しいことなので、極力減らすことでしょう。

 

 

DSさらさら 中性脂肪 有酸素運動2.適度な運動を行う
肥満解消のことからも運動はとても大切です。

 

しかし、激しい運動はあまり効果的ではありませんので、いわゆる有酸素運動で十分ですから、毎日継続することです。

 

 

 

 

DSさらさら 中性脂肪 アルコール3.お酒をやめるのは難しいので量を減らす
中性脂肪値が高くなる大きな原因の一つであるアルコールの飲酒をやめることは大変に効果的です。
しかし、止めるとストレスが溜まり悪い結果になりますので、最低でもアルコールの量を減らすなら出来るでしょう。

 

→ 中性脂肪値を下げてくれる食品

 

 

 

 

これらを継続するのが中々難しいので、EPAを摂取するのです

 

EPAの摂取ですが、食事だけでは必要な量は摂れないので、DSさらさらのサプリメントが効果を発揮します。

 

中性脂肪を下げるのに有効なので、サプリメントを利用するのがお手軽ですね。

 

 

「DSさらさら」 人気の青魚サプリAmazon  10,000円
■楽天は取り扱っていませんでした。

 

公式サイトからの定期購入が最安値でした。

 

通常価格12,000円(30日分/210錠)が
30%OFF の 8,400円(税込)

 

DSさらさらの公式サイトはこちら